2008年11月09日

赤い蝋燭で妖精王オベロン様に…

夜中、誰にも見られないように、赤い蝋燭を用意してください。
それから、白い深皿に水を張ります。
心を落ち着けてから、蝋燭に火をつけて、心を込めてこうお願いします。
「妖精王オベロン様、どうか私の願いを叶えてください。
 〜〜〜(←お願い事の内容)
 どうかお願いします」
 その後、赤い蝋燭の涙を深皿の水におとして、ろうの粒を12個つくります。
 それをお守り代わりにずっと持っていてください。
 きっとお願い事が叶います。
 願いが叶ったら、土にロウの粒をうめてください。
 ただし、埋めた土は絶対に掘り返さないこと。
 叶ったお願い事が壊れてしまいます。
このおまじない、物理的に無理でない限り、たいていのことはマジで効きます。
高校の頃、一生のお友達となる人ともめぐりあえたし、
大学のとき、勉強したけど、やばい、もう落ちる、と思っていた国家試験は合格するし、
就職してから仕事でイヤな上司に眼をつけられてマズい状況に陥ったときも、
救いの船となる人が現れてくれました。
私の場合、他のおまじないは全然効かないんだけど、
このおまじないはかなり凄い効き目です。ホントに効きます。
でも、本当に困ったときだけにしてください。
あと、人を陥れる願い事は叶いません。
ちなみに、全然勉強しなかった大学受験は失敗しました。
努力したひとを助けてくれるおまじないです。

>>復縁にも努力した人には効きそうです
>>自分から連絡を入れる前にやるといいかも


posted by 管理 at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 魔術:復縁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


広告

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。