2014年07月22日

心の中の迷いやイライラをなくす真言

■心の中の迷いやイライラをなくす
何か心の中に迷いや悩みがあって不安で仕方ないとき、
『ナウマクサンマンダ・バザラ・ダン・カン』と3回となえます。
この呪文は『真言』と呼ばれる陰陽道の呪文の一つで、
『炎を用いて迷いを焼き払う』というもの。
唱えた後は不思議と心が落ち着き、自分の進むべき道が見えてくるでしょう。
posted by 管理 at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分を良くする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

「新しい自分に生まれ変わる女神オーヤの茄子の術」

※月の欠けてゆく期間の水曜日の夜に行う

[用意するもの]
・茄子9本
・赤ワイン
・針
・深めの大きな皿

[術のかけ方]
@茄子9本のそれぞれの皮に今の自分のどういうところが嫌いで、
どのような自分に変わりたいかを簡潔に要点のみを刻む。9つの茄子に9つの変わりたい願いを刻む
A深めの大きな皿に赤ワインを入れる。その中に一本ずつ茄子を入れて、
茄子全体に赤ワインがつくように何度も皿の中で転がす。
茄子を転がしながら呪文を唱える。そのとき、自分の欠点や嫌いなところが消えて新しい自分になっている姿を念じる。
「へクア・オーヤ!あなたの神聖な果物と野菜を捧げます。突然の嵐のように私の欠点を吹き飛ばし、洗い流し、変容の炎により私を浄め生まれ変わらせたまえ」
Bこれを茄子9本分繰り返す。呪文は9回唱えることになる
C赤ワインがついた茄子のうち一本は何らかの方法で調理してできるだけすぐに食べる
そのときに再び呪文を唱え、新しく生まれ変わった自分をありありと視覚化する
D残った八本の茄子は夜のうちに誰にも見られないように家から出きるだけ離れた場所に埋める。
一本埋めるごとに先述の呪文を唱えること
皿に残った赤ワインは茄子といっしょに埋めて良い(または川にながす)
術が終わったあとも自分の欠点が気になったときには心の中か小声で呪文を唱える。
posted by 管理 at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分を良くする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


広告

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。